Skip to content

《阿武町・誤送金》田口翔被告はヒカルに救われるも、ミスった疑惑の新人職員は今も“針のむしろ”!?

  • by

誤送金騒動は急展開を見せた。山口県阿武町で起きた振り込め詐欺事件で逮捕された田口翔被告が1日、保釈された。
写真は、その様子。田口翔被告が描いたと思われる奇妙なイラスト。
資金を提供したのは、YouTuberのヒカルさん。彼は自分の会社で被告を雇い、しかも山口県で仕事ができるように遠隔操作でできる仕事にしていた。さらに、この意外すぎる白馬の騎士は、自身のYouTubeチャンネルで、被告の独占インタビューを配信。話題となった。
 騒動が始まったのは、今年4月。新型コロナウイルス感染症対策の一つとして、被災地支援活動が行われたが、信じられないようなミスがあった。
全国紙の記者は「1世帯10万円の補助金が配られるが、阿武町役場の職員のミスで、1世帯に4630万円が振り込まれていた」という。
 つまり、事務的なミスにより、本来の補助金とは別に、補助金相当額の総額が対象世帯の1世帯に2回振り込まれていたのです。役場は直ちに同県同町在住の田口翔被告に連絡し、返還を求めたが、田口被告はそのまま姿を消した。
その後、被告は弁護士を伴って現れ、「ネットカジノでほとんど使ってしまい、返せない」と主張した。インターネットカジノでお金の大半を使ってしまったので、返せない」と主張した。被告の身勝手な主張が批判を浴びた。
 田口と並んでネットで叩かれたのが、ミスを疑われた新入社員Aだ。
新入社員Aは写真を晒され……。
“振込先のデータをフロッピーディスクで金融機関に渡していた “ことも後で発覚した。この時代錯誤の阿武町役場方式が火に油を注いだ。新入社員のAさんは炎上し、氏名や顔写真などの個人情報がインターネット上にさらされた。
 当時、Aさんやその家族は、事実無根の書き込みによる心身の疲弊を訴えた。そもそも、なぜAさんがミスをした社員だと疑われたのだろうか。阿武町の住民は「説明は騒動後に行われた」という。
騒動後の説明会で中野貴雄副町長は「A氏は誤送金の手続きに関与していない」と明言した。しかし、「振込先の書類を金融機関に持って行った」のはA氏であるとも発言している。それで噂が広まったのだと思います」。
 また、別の住民は「花田紀彦市長が原因だ」と言った。
花田市長はまだ「Aさんは手続きに関与していない」と明言せず、なぜかこの問題をうやむやにしたままだ。また、阿武町役場の広報誌には「新入職員のA氏は、役場に配属されて1カ月も経たないうちに異動した」とあり、疑惑は晴れたとは言えない。現在も阿武町役場に勤務するA氏にとっては、”困難な状況が今も続いている “という。
 Aさんにとって、白眉は花田町長なのか–。