Skip to content

アポロ以来の月面着陸へアルテミス計画が進行中!

  • by

人類を再び月面に着陸させることを目指す「アルテミス計画」の第一弾として打ち上げられたNASAの宇宙船「オリオン」が、米国時間5日朝、再び月面に大接近した。
オリオンは月の上空約128.7kmを通過し、アポロの着陸地点を含む月面の写真を撮影した。今回の月周回飛行では、2回目のアプローチとなった。
その後、約3分半のメインエンジン燃焼を行い、地球帰還のための軌道に入った。
オリオンは11月16日にNASAのSLSロケットで打ち上げられ、宇宙空間で脱軌道して月周回軌道に入り、11月28日に月の裏側の月表から6万4374kmの地点に到達した。
人類を乗せることを目的とした宇宙船による地球からの最遠距離飛行の記録を更新した。
今月11日に地球に帰還する予定です。
大気圏に突入すると、音速の26倍以上となる時速3万2187kmで飛行し、外装は2760℃以上の高温にさらされる。
宇宙船に搭乗する宇宙飛行士は、熱シールドで保護される。
このプロジェクトが成功すれば、NASAは2024年に打ち上げ予定の「アルテミス2」プロジェクトに参加する宇宙飛行士の選抜を開始する予定です。
「アルテミス2」宇宙船は、宇宙飛行士を乗せて現在のミッションと同じ軌道を飛行しますが、月への着陸は行いません。
アルテミス1ミッションで月の周りを飛行しているNASAのオリオン宇宙船は、12月6日午前1時43分(日本時間)に2度目の月への接近に成功し、月面の上空130kmを通過して最も接近しました。
エンジン噴射を含む軌道変換も成功し、今後、地球への帰還を予定しています。地球への帰還と大西洋への着水は、12月11日を予定しています。
今回の無人飛行で、オリオン宇宙船はエンジンをはじめとするすべての機器が計画通りに機能し、宇宙飛行士を搭載できることを実証した。
地球への帰還は依然として大きな課題ですが、次のアルテミス2ミッションでは宇宙飛行士を乗せる予定です。乗員は未定ですが、NASAから3名、カナダ宇宙局から1名、計4名の宇宙飛行士が搭乗する予定です。