Skip to content

人気のタワマンの住み心地とは?知られざる実態に迫ります!

  • by

ここ数年、首都圏のタウンハウスは供給不足が続いています。
町家に適した広い土地の確保が徐々に難しくなってきたことに加え、東京オリンピックの影響で建材メーカーや建設会社が需要に追いつけず、需要に対して供給が少なくなっているのだ。
当然、駅直結などの希少な立地のタウンハウスは、発売と同時に申し込みが殺到し、高倍率の抽選に当たらない限り購入することは不可能です。
みなとみらいのタウンハウスは10年前に比べて1.5倍の価格になっており、供給不足が続いている。
もともと広大なベッドタウンである横浜はファミリー層が多く、その上、有名企業の本社や開発拠点の移転、大学のキャンパスの移転、新校舎の建設が相次いでいる。
つまり、増え続ける人口に住宅の供給が追いついておらず、横浜の人気エリアでは住宅が不足しつつあるのです。
町家に住む前に、まずは借りてみて、様子を見るのがいいでしょう。
最初は眺望や最先端の感覚に高揚するかもしれませんが、長く町家に住んでいると、「もっと低層の家がいい」「庭が欲しい」「土と触れ合いたい」と思うようになるかもしれません。
地震の多い日本では、揺れのひとつひとつがストレスになります。
それが、地震のない国の高層マンションとの大きな違いです。
ちなみに、私は東京の高層マンションに住み始めて3年目くらいにストレスの増加を実感し、海外の高層マンションに長年住んでいると、まったくストレスを感じなくなりました。
もし嫌になったら、まだ元の家があるのだから、とりあえず戻って借りてみたらどうだろう。
今ならまだ転売できますよ。
間違いは間違いで、さっさと損切りした方がいいような気がします。
町家は維持費が高いから好きでも住みたくない。
今日は以上です。