Skip to content

目視確認をAIで行える?

目視確認はどのようなことをするのですか?
目視検査は、責任者が製品の外観を特にチェックする、もう一つの基本的な検査です。

aiのデメリットについてこちらでまとめています。

製品や設備によっては、生産ラインの不具合などにより、工程のどこかで製品に傷や変色が生じることは珍しくありません。外観上の不具合は消費者が識別しやすいため、機能面などに問題がなくてもクレームにつながりやすい。
目視検査の欠点は何ですか?
欠点は、人間の判断で「合格・不合格」を決めるため、ヒューマンエラーが起こりやすいことと、検査員によって不良品の評価基準が異なることである。
検査は、検査台や検査室の照明など環境の影響を受けることがありますし、人間が作業を行うため、精神的・肉体的疲労により精度やスピードにばらつきが出ることもあります。
目視検査の分類は?
目視検査と自動検査の2つの方法に大別される。人の目によって行われる目視検査と、カメラやイメージセンサー、画像処理システムなどを使って自動的に行われる自動検査。
目視検査の目的とは?
目視検査の目的 目視検査とは、部品・製品の品質が規定値を満たしているかどうかを評価する作業です。その意味で、部品や製品の良し悪しを判断し、不良品の流出を防ぐことが目的である。しかし、目視検査の最大の目的は、欠陥の原因を突き止め、その発生を未然に防ぐことにある。
目視検査の方法について教えてください。
目視検査は、主に部品や製品の表面に異物、汚れ、傷、欠け、変形などの外観上の欠陥がないかどうかを確認し、良否を判断するものです。目視検査は、人間の五感(目、耳、鼻、舌、皮膚)を使って品質を評価する官能検査の代表格で、業界や製品とは無関係に実施される検査である。
チェックを実施しない理由は何ですか?
目視点検が行われない理由のひとつに、点検者の不足があります。最も大きな要因は、少子高齢化による労働力の減少ですが、その他にも、働き方改革の推進による賃金の上昇で採用が困難になっているなどの問題があります。いずれにせよ、検査員の不足が目視検査が行われない大きな要因の一つとなっています。
目視検査のメリットは何ですか?
検査の質の安定と向上
しかし、AI(人工知能)に基づく目視検査の導入により、あらかじめ設定された基準に基づいて良否を判断するため、安定した検査品質を確保することができます。また、目視での評価が難しい微細な欠陥まで検出することで、検査精度を向上させることができます。